犬画像・写真をネットで検索してみましょう
ワンちゃん達の元気な日常の姿が見つかりますよ

夜中に犬に起こった奇妙な事件

夜中に犬に起こった奇妙な事件

人気ランキング : 107,824位
定価 : ¥ 1,785
販売元 : 早川書房
発売日 : 2003-06

価格 商品名
¥ 1,785 夜中に犬に起こった奇妙な事件
A good read

Curious Incident is an expertly written book. I was hooked to this book the moment I started reading it. Within three hours, I was at the end of the last page. It was so touching. Told through the eyes of a boy who suffers from autism, the book captured our failings as humans, the strength of faith, the innocence of childhood, the things we take for granted in our lives, the hopes we cling to, the dreams we want to realize and the love we aspire for in our lives.
Intriguing as it may sound; I was fascinating by the unusual chapter numbering, the use of diagrams, statistics and the use of a first person narrator. It was clever and achieved its desired result of stirring curiosity and eventually keeping the reader hooked. It is a very creative style of writing. In fact, it is a unique reading experience.
By trying to get into the mind of the boy in his narration, I could easily understand his parents who had to deal with his problems constantly. I recommend this novel as a good, enjoyable read and a unique diversion from the other styles of writings that are in the market.
Also recommended: THE USURPER by Janvier Tisi, SENSE AND NONSENSIBILITY, DISCIPLES OF FORTUNE

英語&数学好きにおすすめ。

当たり前のことですが、この本は全て英語で書かれています。私は、いざ手にとってみたとき、自分に本当に読めるのか、と少々不安になりました。しかし、読み始めるとそんな気持ちは一気に飛んでいきました。とにかく英語が読みやすい!語り手であるこの物語の主人公、Christopherの客観的な見方が、読み進める内にじわじわと染み込んできます。「普通・常識・当然」とは一体何なのか、疑問に思えてきます。
また、この本は各章の数字が素数になっていたりと、数学の要素も沢山詰め込まれています。

こころの不思議

自閉症というものに知識がない読者は、主人公の視点に戸惑いを覚えるかもしれない。この物語はフィクションではあるが、主人公への安易な感情移入を避けるべく注意深く書かれている。このため逆に主人公に接する周りの大人たちのこころの動きにより深く思いを馳せることができるようになっているのだ。私たちが日頃「なんとなく分かり合えているような気がしていること」の危うさ、愛情と執着の境目の不可思議などを考えさせられる。
もし自閉症というものに興味を持った方は、名著「自閉症だった私へ」(ドナ・ウィリアムス著)も併せて読んで欲しい。

engaging, smile-inducing

.
A detective mystery with a twist--a dog as murder victim, and the hero an Asperger's syndrome austistic fifteen-year-old.
A most engaging read, both the mystery itself, and the ways of the peculiar main character attempting to solve it. Not heart-stopping in its suspense, but RELENTLESSLY-EXCITING nonetheless.
Appears in two editions: for grown-ups and for children (like the Harry Potter series; Mark Haddon having fifteen other children's books to his name). The story has been sold to publishers all over the world, and the film rights already acquired by Warner Bros.
I read it non-stop through the night, promptly sharing it with a friend, and getting my daughter her own copy.
.

人生について考える本です

 主人公の名前、クリストファーとは、「キリストを運ぶ」という意味で、親切で思いやりのある行いの話だからいい名前であると母親から言われていました。しかしアスペルガー症候群の主人公にとって自分の名前は自分をあらわすものがいいと思っています。
 クリストファーは隠喩がわかりません。英語学習者にとって、英語の隠喩が日本語に直訳されているのはとても興味深く読める箇所がありました。。 
 また、クリストファーは素数とは人生のようなものだ思っています。論理的だけれども法則が見つけられないから。「博士の愛した数式」を読んだときのあの数字に対するふしぎだなあ、という気持ちを思い出し数学の世界、宇宙に思いをはせながら楽しく読めました。

犬画像サーチ!』はAmazon.co.jpのウエブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 犬画像サーチ! All rights reserved.
犬画像 猫画像