犬画像・写真をネットで検索してみましょう
ワンちゃん達の元気な日常の姿が見つかりますよ

笑犬樓の逆襲

笑犬樓の逆襲

人気ランキング : 84,716位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : 新潮社
発売日 : 2004-12-02

価格 商品名
¥ 1,575 笑犬樓の逆襲
筒井さんの業界に対する独自な視点

今は亡き「噂の真相」に連載されていたエッセイをまとめた物。バブル崩壊後の出版不況を反映していて物悲しい面もあるが、役者としての才能を開花させ始めた時期とリンクしていて芸能・放送業界の裏話など楽しく読める。出版関係者は芸能関係者を小ばかにしていて、逆に芸能関係者は出版関係者を軽蔑しているという両者の関係は、二足のわらじを履いている筒井さんにしか見えない風景だと思う。最近テレビで始まった「富豪刑事」。あの名作をあんなにいじられた上に原作にはない登場人物で出演しているご本人の気持ちを聞いてみたい。

やっと出ました

筒井ファンには待望の一冊。
連載がいつ単行本化されるか楽しみにしていたが、
掲載紙の終了と共に単行本化となった。
もともと筒井氏のエッセイの文体が好きなので、満足した。
本人も言っているが、丸くなった、あるいは
「気の細やかさ」が前面に出てきたなあ、と言う印象。
もともとモラリストであり真面目なのが、氏の魅力であるが、
ここで言う真面目とは、ある価値に対する「仁義切り度」である。
筒井氏の場合、大きい価値から小さい価値に対するまで
「かなり平均的に真面目」だ。
「社会的・反社会的」に対する「拘り方」にも、それが出ており、
「高み」から「相対化」「再構成」あるいは「罵倒」「無視」
するのとは方向性が異なるように私には感じられる。
現代の瑣末な事柄と思われるなかにも大切な要素が含まれているので、
そこにも目を向ける筒井氏の優しさも際立つのだが、
それにしても、もう少し「自分勝手」で良かったかな。
この本には詳しく出ていないが、文学賞選考の際のコメントなど、
文学と言うものを愛している故でもあろうが、
若手に対して「優し過ぎる」ような気もする。
それはそれとして、最近の筒井氏の文章は滋味深い感じがして、
この本にもそれが滲み出ており、良い意味で微笑ましく思えた。
演劇やテレビ出演の話も多く載っています。
お勧めです。

犬画像サーチ!』はAmazon.co.jpのウエブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 犬画像サーチ! All rights reserved.
犬画像 猫画像