犬画像・写真をネットで検索してみましょう
ワンちゃん達の元気な日常の姿が見つかりますよ

フランダースの犬【劇場版】

フランダースの犬【劇場版】

人気ランキング : 13,963位
定価 : ¥ 6,090
販売元 : 松竹
発売日 : 1998-08-25

価格 商品名
¥ 6,090 フランダースの犬【劇場版】

 物語の概要に関してはほとんどの方がご存知なのではないかと思います。TV版をリアルタイムで見たことがないので、そちらとの比較は出来ませんが、画像はとても綺麗になっています。
 自分は動物もの(特に盲導犬)に弱いのですが、そこに「子ども」と「おじいちゃん」という最終兵器が加わり、何回見ても最後のシーンは涙と鼻水で顔がぐちゃぐちゃになります(思い出すだけでも涙が出てきます)。絶対に家族や友人には見られたくない姿なので、1人でこっそり見ることにしています。
 米国では、あまりに”かわいそう”な話なので、ハッピーエンドに編集されているらしいですが、子どもよりも、むしろ人間社会の不条理を知り尽くした大人の方が感じ取るものが多いのかもしれません。理屈云々ではなく、どうしようもなく涙があふれる作品です。
 

最高の名作!!!

何回見ても毎回泣いてしまいます。。。本当の名作です。大好きです。

なぜ・・・・・?

人間社会の艱難辛苦をいやというほど味わい、罪なき身の上なのに迫害されるネロ。
不幸を背負込んで、愛犬と共に天国へ旅立つネロ。
天使の無垢さを持つネロにとって、現世はさぞかし生き辛かったことであろう。
せめて天国で安らかにと祈らずにはいられない。
ネロの唯一に等しい理解者だったアロアは、修道女になった。
アロアの実父は、ネロ虐待の直接原因を作りあげて、迫害しまくったからなぁ。
愛する父が、大好きな幼馴染の少年を死に追いやった・・・・そういうジレンマに陥ったからこそ、神に救いを求めて贖罪を願う。
どちらにしろ悲しい。

一枚の中世西欧宗教絵画のような作品

私はテレビの放送は全く見たことがないので初めて見ました。昔のアニメの復活と聞いていたのですが、中世西欧の背景や交響曲のような音楽が期待していた以上に美しいのには驚きました。悲しすぎる話と聞いていたのですが、決してただひたすら悲惨な「蛍の墓」的な話ではなく、純粋で透明清廉な美しい絵画のような物語だと思いました(もちろん泣きましたが)。ハリウッドの影響をうけていなかった19世紀の女性作家が原作だからこそ、こういう型にはまらない作品が描けたんでしょうね。現実の世界では、死や貧乏や事故は本当に理不尽に人生を襲いますから。最後のルーベンスの実在の作品「キリストの降架」が日本人の私にさえ本当に宗教的で神秘的に見えました。大人にも薦める作品です。

やはり名作・・・

TV版「フランダースの犬」を見た事のある世代とTV版を見た事のない世代ではやや感じ方が違ってくるかもしれません。
TV版とはキャラクター設定がやや変わり、少し大人っぽく見える様になったネロとアロア。
美術には現代ならではのCGも用いられ、丁寧で綺麗な作品に仕上がっています。
しかしストーリーの進み方が中盤までは早すぎる様な気がします。細かい設定(ネロの仕事の大変さ、パトラッシュとの出会い、ヌレットおばさんやジョルジュ、ポールがネロにとってどの様な存在であるか、など)が作品時間の都合で大まかになっている所は実に残念です。
ストーリー中盤以降の展開にはやはりウェイトが置かれている様で、設定もストーリーも細かくなっています。
TV版を見た世代にはやや物足りなさがあ!!!感も否めないと思いますが、それでもネロがこれからどういう運命を辿っていくのか、TV版を昔見た人でも、原作を読んだ人でも、もちろん「フランダースの犬」を初めて見る人でも全ての人を惹き付ける作品でしょう。
戦いや争いが描かれる事の多い現代のアニメを見ている子供達を始め、老若男女世代を問わず見てもらいたい名作です。

犬画像サーチ!』はAmazon.co.jpのウエブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 犬画像サーチ! All rights reserved.
犬画像 猫画像